2006-09-11

優秀なコーダ/プログラマを確保する方法

だんだんネタがなくなってきまして、とりあえず週2~3更新にしようと思います。
まあ、普通の更新頻度ですよね。

というわけで表題の記事。
ベンチャ/中小ITにとって最大の悩みは離職率の高さだろう。

  • 優秀なPGは来ないw
  • せっかく育てて優秀になったと思ったら去るw

というわけで、PGが無能ばかり残って、作業効率は低いわ、品質は低いわ、せっかくヒットしたシステム作ったと思えばスケーラビリティ低すぎるわ手をつけられないわ。

世の中、ベンチャのノリが好きな人は多いし、実際革新的なことが出来るのもベンチャだから、優秀な人がいるベンチャは多いよね。

でも、なんつーか、ベンチャと中小ITは別物なわけで。

ベンチャ好きなPGはいても、IT土方を好きなPGはありえない。

既にこの世に五万とある機能を糞鈍重なシステムで作らされる徒労感ったらないし、レガシ化してるテクノロジ触ってもかけらも萌えないし。
モダンテクノロジ触れなければ、自分の将来にとって死活問題だから、そりゃ逃げるっつーの。

あげくに、給料安い、安定感無い、周りのレベルは低い、負け犬根性、福利厚生は酷い。ってんじゃ、いつくわけないよなー。


このBlogでさんざん人投げ/孫請け脱出を説いてるけど、「カツユキさんのいう人投げ/孫請け会社が、Blogで情報収集したりビジネスモデルを見直したりするわけねーじゃん」と、リアルで知ってる読者に突っ込まれて二の句も告げなかったわけですが、まあ、そういうもんだろうなぁ。そんなフットワークよければ人投げなんかしてないわな。


じゃあ、メンバが揃えば、人投げから脱出するかな?と思って、ウチのほとんど金がかからない改革案を書いてみようと思います。

つまり、テーマは

カッコいいベンチャみたいなことは出来ない会社
(技術ややりたいことでは求人できない)

・給料をまともに出せない。出したら社内バランスが崩れる会社
(社長がケチ、まわりがやっかむ)

・人を呼べる実績も、社内体制も無い会社
(人投げ・孫請けで実名で実績を公開できない。品質/工程管理の体制が無い)


というような寄り付きたくも無いところに、優秀なPGを呼び込み、育ったメンバを逃げられずにする。そういうメンバが揃えば、少しづつ違った試みも出来るだろうし、サービスの成功率もあがるだろう。


◆田舎を活かす
力ある人の都落ちを狙う。
首都圏の劣悪な住環境、ヒートアイランドで4月~10月まで吹く風が人の吐息みたいな温度と湿度、外で遊ばない子供達に自分の子育てが不安、田舎生活や古民家ブーム、車好き(首都圏で車維持は大変)など、私生活面から都落ちをしたい人は結構いる。

特にデスマーチプロジェクトを終えて、パラダイス妄想に入っているところにうまくFitすると大物も釣れるかもしれない。

優秀な人材がどれだけ稼ぐか算段してみれば、古民家を社宅として(500万とかである)みたり、田んぼや畑を借りてあげたり(休眠田畑は年2万円くらいで借りられる)、いっそ引越し&家賃補助したって30~50万だから求人広告に出すより安い。



Macで仕事させる
マカーですよ。マカー。
OS9時代はともかく、今のOSXで職場のLANに入ってきても、共同作業しても不都合は全く無いです。Windowsとの親和性は高いし。

昔から、アプリ間をぐりぐり移動しまくりながら作業するタイプはMacの方が効率よいし、なにより、MacはIntelCPUに移行したので、BootCampで今やほぼ標準でWindows/Macのデュアルブートの時代。PalarelsというMacOSX上でWinアプリをシームレスに開ける技術も十分実用だ(相当複雑なアプリ以外)。
ふつうにLAMPやってる限りだと、MacOSXで作業してなんら問題は無い。
Railsも問題ない。MovableTypeも問題ない。
問題ないどころか、Apacheは標準だし、PHP、Perl、Rubyも標準。MySQLも最新が動く。つーか、GUIの豪華なUNIXなんだし。

というふうにデメリットゼロ状態なのに、Macを使わせない会社が多い。
僕個人がマカーなので言うが、Macで作業できるなら、少々条件が悪い所にいってもいいw。
WinのGUI触って感じる不快感を高待遇でン十年…、とMacのGUIで少々待遇が悪い不快感とは、そこそこ天秤があう。
もちろん実力があれば給料も交渉できるし…、と思うだろうしな。

そのマカーがWebObject使いだったりしたら、いきなりJava大規模サイトフレームワーク構築体制が出来てしまうしw

※あえて出費といえば不正インストールで済ませているOfficeは正規のMac版Officeを買わなければいけないのと、レーザプリンタをPostScript対応にしなければいけないくらいか。マシン代は今のMacは安いのでDELLと同レベルだから大丈夫。



私服OKにする
田舎に来て一番驚いたのは、コーダやSEでも7割以上スーツの会社ということ。
いやー、スーツでプログラムはうてねーだろ、と思うのだがみんな黙々とやってる。
大チャンスじゃないですか!
単に私服とうたうだけで、ヘッドハンティングタイムですよ。ただですよただ。
スーツの営業+私服の技術者が、仕事とるうえで最強というのは、ビル・ゲイツの時代からずっと変わらない。もちろんTPOによる。
下請けに出していた身から言いますが、スーツのPGってすっごい胡散臭いし。



会社から徒歩圏内だと家賃を出す
これは、前の会社でやってた。敷金礼金も出してあげていた。
通勤時間が短いというのは実はすごいメリットだし、ぶっちゃけ残業も苦にならないし、賢い方法だと思う。



出勤カレンダ/残業をケチらない
隔週土曜日出勤とか、残業費固定とか、経営者が思っている以上にすっっっっっごく萎える。
仕事が多くて、結果として隔週週休になるのは、実は意外と気にならない(これ、IT業界の不思議w)。
残業代申請も、面倒くさくてやらない人も多いし、もしくは自分のせいで遅れたから、と申請しない人も多い。
おんなじ結果なんだけど、デフォルトが劣悪だとどーにも凄く萎える。
これ、離職率を上げている原因ですよ。


フレックスの導入とか、たまーの自宅作業の許可とか色々考えられるけど、手っ取り早くデメリット無しだとこんな感じかな。

マカーは本当に反応が凄いので、是非試すべし。